化石が好物(鉱物)

恐竜は水の中で化石になる

化石が構成されて行く為には様々な段階が考えられますが、どの様に化石が生成されていくかを少しお話していきたいと思います。

化石は、恐竜が死んでしまって、川や湖などに流されます。
その過程で海底の泥や砂が、固まる所に恐竜は沈んでいきます。恐竜の遺体は流れがとても速い川や湖の中では次第にばらばらに分解されて、その形状を留める事はありません。
早い水流の中で分解されるというのはどなたもわかる事でしょう。

しかし、ゆるやかな水の流れの川や湖では、恐竜の遺体は川や湖の底に横たわります。そして肉などがゆっくりと恐竜の遺体からはがれていくのです。そして骨だけになってしまった恐竜は、長い期間水の中で骨だけのまま存在する事になります
そして骨だけになってしまった恐竜に泥や砂や水に含まれる色々ば鉱物が骨にしみこんでしまい、恐竜の骨の中の隙間を埋めていきます。

するとどうでしょう。恐竜の骨は従来の形のまま鉱物になり岩となるのです。これが化石という風になります。

たまに、全身の骨がそのまま残るという様な事がありますが、水の中だけでなくどこかから転落してしまい死んでしまった恐竜がそのままの形を残したまま恐竜になる事もあります。