化石が好物(鉱物)

日本でも恐竜が発見された!

これは、驚きの事実かもしれませんが、日本にも恐竜がいたそうです。なぜ恐竜がいたことがわかるかというと日本で恐竜の化石が発見されたからに他なりません。

日本において恐竜の化石の発掘は、まだまだとても歴史が浅いです。
1番古いもので昭和11年に遡ります。南樺太川上炭鉱病院施設からカモノハシ竜の仲間と見られるものが化石として出ております。このカモノハシ竜は日本竜として名が付けられました。現在でも、北海道大学の研究所に保存されています。

その次の化石の発見としては、長崎県の炭鉱からの発掘となりました。
しかし、恐竜の化石の発見はこれで打ち止めとなってしまい。日本での発掘ブームも一息つくことになります。

確かに、日本という狭い国土で恐竜が生息していたという風に考える方が不自然ですね。

ところが、1979年位から熊本県や岩手県や群馬県などで恐竜の化石が次々と発見される事で、日本にも恐竜が生息していたという事が確定的になっていったのです。

現在では、日本でも恐竜が生息していたというのは当たり前の事実となり、次々と化石の発見も続いております。
これから更に研究が進んでいくことで更なる日本の歴史が解明されていく事になると思います。