化石が好物(鉱物)

ヨーロッパの化石発掘の歴史

これまで、化石の歴史や恐竜の歴史を勉強してきましたが、化石の発掘というものはとても大変な事です。お金も掛かりますし、時間もかかります。日本では公的な研究機関が色々な支援を受ける事で、化石の発掘を行っております。

化石の発掘を行っていくには忍耐力がとても必要になります。しかし、化石の発掘を続ける事で地球を知り文明を知り人類を知る事が出来るのです。人間の探究心というのは止まる事を知りません。

私たちが生きている間に宇宙の全てが解明されるかどうか?というのはわかりませんが、何事を知るにも化石というのは非常に重要なファクターとなります。

ちなみに世界で1番最初に発見された恐竜の化石は意外と新しく、1820年のイギリスです。
化石を発見した人物はイギリスの医者でマルテルという人でした。

マルテルが発見した恐竜の化石は、後にイグアノドンの歯であったという事がわかりました。

マルテルも医者であった為、見たこともない動物の歯を見つけた時は何がなんだかわからなかったでしょう。
なんとその当時は恐竜という生物の存在すた知られていなかったのです。

こうして全世界で恐竜の化石の発掘の歴史は始まり、今に至ります。まだまだ恐竜の化石の解明はこれからです。